ph1los0phy

灰色の記憶

日記 1/15-1/21

1/15(土)

歯が欠けて、食事が億劫になってしまった。



1/16(日)

稲垣足穂一千一秒物語』(新潮文庫 1969.12)

・ロレンツォ・ヴァッラ『快楽について』(訳:近藤恒一 岩波文庫 2014.10)

を買った。


・ステファン・グラビンスキ『動きの悪魔』(訳:芝田文乃 国書刊行会 2015.7)

・フアン・ガブリエル・バスケス『密告者』(訳:服部綾乃、石川隆介 作品社 2017.9)

シオラン『敗者の祈禱書』(訳:金井裕 法政大学出版局 1996.3)

・サーシャ・フィリペンコ『理不尽ゲーム』(訳:奈倉有里 集英社 2021.3)

を借りた。



1/17(月)

外に出なかった。



1/18(火)

ダヌンツィオ『死の勝利(上・下)』(訳:野上素一 岩波文庫 1991.3)

・ホフマン『悪魔の霊酒(上・下)』(訳:深田甫 ちくま文庫 2006.4)

を借りた。


詩を書いた。



1/19(水)

「死人は幸福だ、もう懐疑心がなくなってしまったから」


「君は心の中に、おさえることのできない焦燥感や漠然とした不安を感じているんだろ。君は僕のそばにいると、なにか僕に反抗したくなるような気持がむらむらと起こるんだね。それは本能的憎悪みたいなもので、君にはそれを押し殺す力がないんだ。だから自然に無口になってしまうのさ。一言口をきくのさえ、無限の努力がいり、僕のいう言葉をわざわざ悪くとり、ちょっとした意味のない返事をするんでも、言葉に角がたつんだ」


彼の不運はどの人のせいというのではなく、人生の本質そのものから生じたものであった。彼は恋人を非難すべきでなく、恋愛そのものを非難すべきだったのである。

(ダヌンツィオ『死の勝利(上)』野上素一 岩波文庫 1991.3)



1/20(木) その1

歯医者にいった。欠けたところを削ってもらった。



1/20(木) その2

「私ね、今日、あなたに来てもらったのはね」と彼女はいった。
「ほんとうに、ほんとうにもう一度だけ、あなたに愛してもらいたかったからなの。・・・・・・お願い」
(中略)
「嘘じゃないの。私、本心からそう思っている。私、なんでもあなたの望んでいるとおりにしてあげたい。たぶん、あなたは、できることならもう二度と私には逢いたくないって思っている。いいの。私もそうする。約束するわ。だから、お願い、もう一度だけ愛して。そしたら私、一生、今日という日を記念にして、もう、二度とあなたには逢わない。・・・・・・ほんとよ、ほんと。私、あなたの望みどおりの女になってしまいたいの。だから・・・・・・」

(山川方夫『愛の終り』)


「痛みますか」
「いいえ、あなただから、あなただから」

(泉鏡花『外科室』)



1/21(金) その1

風が強くて敵わない。寒さが一層増す。


ロラン・バルトを少し読んだ。今度借りてちゃんと読んでみよう。



1/21(金) その2

きみの抱擁は破壊ではなかったか
きみの権利は犯罪ではなかったか?・・・・・・

(ホフマンスタール『生の罪』)

日記 1/8-1/14

1/8(土)

ゾラが読みたいな。



1/9(日)

キャサリン・ダン『異形の愛』(訳:柳下毅一郎 河出書房新社 2017.5)を借りた。


デュルケーム『自殺論』(訳:宮島喬 中公文庫 2000.4)を買った。



1/10(月)

苦しい



1/11(火)

雨。



1/12(水)

梶井基次郎が読みたい。



1/13(木)

だがご承知のように、人間の幸福とは​──滅多にない訪問者であり、滞在時間は短い。

(ステファン・グラビンスキ『花火師』)



1/14(金)

離人みたいな状態が続いている。



(メモ)

・V.ジャンケレヴィッチ『死』(訳:仲澤紀雄 みすず書房 1978.3)

・片田珠美『攻撃と殺人の精神分析』(トランスビュー 2005.6)

ジョン・ダン『自殺論』(訳:吉田幸英宝社 2008.7)

今村仁司『暴力のオントロギー』(勁草書房 1982.10)

・浜田至宇『マインド・コントロールの拡張』(第三書館 1995.5)

・佐藤友之『死刑と宗教』(現代書館 2002.8)

森達也『人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う』(朝日出版社 2008.1)

清水康之湯浅誠『闇の中に光を見いだす 貧困・自殺の現場から』(岩波ブックレット 2010.3)

・門田隆将『なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日』(新潮文庫 2010.8)

・秋田巌『死を育てる』(ナカニシヤ出版 2012.7)

・岡江晃『統合失調症責任能力 なぜ罪が軽くなるのか』(dZERO 2013.11)

・エイドリアン・レイン『暴力の解剖学 神経犯罪学への招待』(訳:高橋洋 紀伊國屋書店 2015.2)

・溝口敦『薬物とセックス』(新潮新書 2016.12)

・堀川惠子『永山則夫 封印された鑑定記録』(講談社文庫 2017.4)

オーウェン・ジョーンズ『チャヴ 弱者を敵視する社会』(訳:依田卓巳 海と月社 2017.7)

・片田珠美『拡大自殺 大量殺人・自爆テロ・無理心中』(角川選書 2017.8)

・中森弘樹『失踪の社会学 親密性と責任をめぐる試論』(慶應義塾大学出版会 2017.10)

・石濱照子『現代の自殺 追いつめられた死:社会病理学的研究』(東信堂 2017.12)

西澤晃彦『人間にとって貧困とは何か』(放送大学教育振興会 2019.3)

石井光太『虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか』(平凡社新書 2019.5)

・ケリー・デインズ『犯罪者の心のなかでは何が起きているのか ある司法心理学者がみた犯罪者たち』(訳:松田和也 青土社 2020.3)

・アブラム・デ・スワーン『殺人区画 大量虐殺の精神性』(訳:大平章 法政大学出版局 2020.5)

日記 1/1-1-7(2022)

1/1(土) その1

いつもより2時間早く起きて、初日の出を見た。


初詣に。御籤をやったら、平だった。



1/1(土) その2

ヴィクトル・ユーゴーレ・ミゼラブル(全4冊セット)』(訳:豊島与志雄 岩波文庫 1996.12)

・ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ『ラ・フォンテーヌの寓話』(訳:窪田般彌 現代教養文庫 1987.9)

ヘルマン・ヘッセ車輪の下』(訳:岩淵達治 旺文社文庫 1966.4)

アンドレ・ジイド『田園交響楽 他二編』(訳:新庄嘉章 旺文社文庫 1969.6)

池内紀カフカのかなたへ』(青土社 1993.7)

を買った。



1/2(日)

森茉莉『薔薇くい姫・枯葉の寝床』(講談社文芸文庫 1996.7)を買った。



1/3(月)

新宿に来た。人が多すぎる。


午後は人と会う用事があるから、それまで適当に徘徊する。月曜だから新宿御苑は開いていない。


西口のブックオフで『ホフマン短篇集』(編訳:池内紀 岩波文庫 1984.9)、イスマイル・カダレ『夢宮殿』(訳:村上光彦 創元ライブラリ 2012.3)を買った。


靖国通りブックオフにも行った。こっちは初めて来た。


14:30。ネットの友達と合流。私が19の時から知っているらしいのだけれど、初めて会う人だから緊張した。私は今年で23。


フタバフルーツパーラーで一緒にパフェを食べた。美味しかった。


カラオケにいった。誰かといくのは久々で、楽しかった。最後に非国民的ヒーローを一緒に歌った。


緊張して殆ど目を合わせられなかった。


でも楽しかった。会えてよかった、と伝えた。


また会おうね。



1/4(火)

ホフマンスタール詩集』(訳:川村二郎 岩波文庫 2009.1)を買った。


図書館に。

・ホセ・ドノソ『夜のみだらな鳥』(訳:鼓直 水声社 2018.2)

ヴィリエ・ド・リラダン『残酷物語』(訳:田上竜也 水声社 2021.7)

・ステファン・グラビンスキ『火の書』(訳:芝田文乃 国書刊行会 2017.8)

ジャコモ・レオパルディ『断想集』(訳:國司航佑 幻戯書房 2020.4)

を借りた。



1/5(水)

頭が痛い。そして寒い。



1/6(木)

雪が降った。ネットプリントをしにセブンイレブンに。



1/7(金)

積もっていた雪も一日で溶けてしまった。


何も書けない。休むか、辞めるか。


…もう少し休むか。


今は、『夜のみだらな鳥』という小説を読んでいる。面白いよ。










(メモ)

・ツヴェタン・トドロフ幻想文学論序説』(訳:三好郁朗 創元ライブラリ 1999.9)

・トリスタン・コルビエール『アムール・ジョーヌ』(訳:小澤真 幻戯書房 2019.11)

・ペタル二世ペトロビッチ=ニェゴシュ『山の花環 小宇宙の光』(訳:田中一生、山崎洋 幻戯書房 2020.10)

シュテファン・ツヴァイク『聖伝』(訳:宇和川雄、籠碧 幻戯書房 2020.8)

・テーオドール・シュトルム『従弟クリスティアンの家で 他五篇』(訳:岡本雅克 幻戯書房 2020.1)

・『ジャン・ジュネ詩集 改訂版』(訳:中島登 国文社 1995.2)

・レーモン・ルーセルロクス・ソルス』(訳:岡谷公二 平凡社ライブラリー 2004.8)

由良君美『椿説泰西浪漫派文学談義』(平凡社ライブラリー 2012.7)

オウィディウス『ヘーローイデス 女性たちのギリシア神話』(訳:高橋宏幸 平凡社ライブラリー 2020.1)

・澁澤龍彥『菊燈台』(平凡社ライブラリー 2012.2)

・ノーマン・マルコム『ウィトゲンシュタイン 天才哲学者の思い出』(訳:板坂元 平凡社ライブラリー 1998.10)

・ジョン・クリーランド『ファニー・ヒル 快楽の女の回想』(訳:小林章夫 平凡社ライブラリー 2012.3)

ジョルジュ・バタイユ『内的体験 無神学大全』(訳:出口裕弘 平凡社ライブラリー 1998.6)

・M.ブーバー=ノイマンカフカの恋人ミレナ』(訳:田中昌子 平凡社ライブラリー 1993.11)

・マルト・ロベール『カフカのように孤独に』(訳:東宏治 平凡社ライブラリー 1998.10)

沓掛良彦(編訳)『ピエリアの薔薇 ギリシア詞華集選』(平凡社ライブラリー 1994.8)

・ジョウゼフ・コンラッド『海の想い出』(訳:木宮直仁 平凡社ライブラリー 1995.12)

C.S.ルイス『悪魔の手紙』(訳:中村妙子 平凡社ライブラリー 2006.2)

種村季弘ザッヘル=マゾッホの世界』(平凡社ライブラリー 2004.11)

荒俣宏『花空庭園』(平凡社ライブラリー 2000.4)

・D.P.シュレーバーシュレーバー回想録 ある神経病者の手記』(訳:尾川浩 平凡社ライブラリー 2002.12)

ピエール・ルイスアフロディテ 古代風俗』(訳:沓掛良彦 平凡社ライブラリー 1998.1)

アンリ・ド・レニエ『水都幻談』(訳:青柳瑞穂 平凡社ライブラリー 1994.5)

・A.ブローク『薔薇と十字架』(訳:小平武、鷲巣繁男 平凡社ライブラリー 1995.11)

・H.v.ホーフマンスタール『詩集・拾遺詩集』(訳:富士川英朗 平凡社ライブラリー 1994.4)

・フランシス・ジャム『桜草の喪・空の晴れ間』(訳:手塚伸一 平凡社ライブラリー 1994.4)









今年もよろしくお願いします。

日記 12/24-12-31(2021)

12/24(金) その1

慣れることは罪だ。



12/24(金) その2

ああ、つめたい、冷酷な、きびしい、恐ろしい死よ、おまえの祭壇をここに設け、おまえの意のままになるような恐ろしいものでそれを飾れ。ここはおまえの領土なのだから。しかし、愛され、尊敬され、名誉あるものとされた人の頭については、髪の毛一本たりともおまえの恐ろしい目的に利用してはならない。またその顔の造作の一つでも、醜悪に変えることは出来ない。その手が力なく、離せばぐったりとするからではなく、また心臓や脈が止まっているからではない。その手はかつて物惜しみをしたことがなく寛大で、誠実であったからだ。その心は勇敢で暖かく、愛情に満ち、その脈には人間の血が流れていたからである。打て、死よ、突け。そしてその人の善行が傷口から噴き出して、この世の中に不滅の生命を植えつけるのを見よ。

(チャールズ・ディケンズ『クリスマス・カロル』神山妙子 旺文社文庫 1969.12)



12/25(土) その1

パスカル『パンセ 改版』(中公文庫 2018.7)を買った。



12/25(土) その2

理由がないことに耐えること。



12/26(日)

ひとつの行為、あるいは一個の作品、あるいはまたひとつの宇宙が生まれ得るのは、最悪の場合でも、善良さと邪悪との混合からである。

(E.M.シオラン『悪しき造物主』金井裕 法政大学出版局 2017.10)



12/27(月)

寒くて起きた。



12/28(火)

三秋縋『君の話』(ハヤカワ文庫JA 2021.11)を買った。単行本を持っているんだけど、好きだから。



12/29(水)

ジョルジュ・バタイユ『エロティシズム』(訳:澁澤龍彦 二見書房 1973.4)、『魔法使いの弟子』(訳:酒井健 景文館書店 2015.11)を買った。



12/30(木) その1

エドガー・アラン・ポー『赤い死の舞踏会』(訳:吉田健一 中公文庫 2021.4)を買った。



12/30(木) その2

何も愛さずにいるということが人間には許されている。

(ジョルジュ・バタイユ魔法使いの弟子酒井健 景文館書店 2015.11)



12/31(木) その3

信じることと騙すことが同時に出来る人間が、この世界には存在する。



12/31(金)

小川未明『北の少女』を読んでいたら字が読めない女の子が出てきて、ベルンハルト・シュリンク『朗読者』を思い出した。

















今年も死なずに終われました。ありがとうございました。来年も、よろしくお願いします。

日記 12/17-12/23

12/17(金) その1

回復した。



12/17(金) その2

沈黙は今日では『利用価値なき』唯一の現象である。沈黙は、現代の効用価値の世界にすこしも適合するところがない。沈黙はただ存在しているだけである。それ以外の目的はなにも持っていないように思われる。だから、人々はそれを搾取することが出来ないのである。

(マックス・ピカート『沈黙の世界』佐野利勝 みすず書房 2014.2)


もろもろの始原の現象のまえに立つとき、われわれはふたたび太初の発端に立たされているようである。その時われわれは、われわれが日常それと共に生活している「単なる派生的現象」(ゲーテ)を棄ててしまっているのだ。それは一種の死のようなものである。われわれは、名も知らぬ一つの新しい発端に直面して、一人ぼっちのまま放置されている。だからこそ不安を感ずるのである、・・・・・・「もろもろの始原現象が被覆を脱ぎすててわれわれの感覚のまえに立ち現われるとき、それらの始原現象に対してわれわれは一種の畏怖を感ずる、そしてこの畏怖は不安の感情にまでたかまる。」(ゲーテ) つまり、沈黙のなかで、われわれはふたたび太初の発端のまえに立つのだ。そこでは、万事があらためてもう一度開始されることが出来る。万事がもう一度あたらしく創造されることが出来るのである。人間は、沈黙によって毎瞬間ごとに元初的なるもののもとに居合わせることが出来るのである。そして、人間は沈黙と結びつくとき、ただ単に沈黙という元初的なるものに参加するのみではなく、あらゆる元初的なるものに参加するのだ。沈黙は、人間のために常に用意されている一つの始原の現象なのであって、沈黙のように何時いかなる瞬間にもそのように現在している始原現象は、他にない。

(マックス・ピカート『沈黙の世界』佐野利勝 みすず書房 2014.2)


なるほど、言葉は人間に属してはいる。しかし言葉はまたそれ自身に属している。言葉のなかには、人間が自分自身のためにそこから取り出してくることが出来るよりも、より多くの悲しみと、喜びと、嘆きとがある。あたかも、言葉は人間に依存することなく、それ自身のために、悲しみや、嘆きや、喜びや歓呼を所有しているようなのだ。

(マックス・ピカート『沈黙の世界』佐野利勝 みすず書房 2014.2)



12/17(金) その3

見守ってくれる人がいるというのは、ありがたいね。それ以外はいいよ、見守ってくれるだけで私には充分だから。



12/18(土)

何かもっと先のことを信じたいと思う、
きみを壊した死の向こう側のことを。
あの力のことをまた口にできればと願う、
すでに溺れたものになっていたぼくたちが
それによって、また一緒になり、
太陽の光の下で自由に歩けるように
乞い願ったあの力を。

(プリーモ・レーヴィ『一九四四年二月二五日』)



12/19(日)

リルケの言うように愛は困難なのかもしれない。愛するのは簡単だ。愛し続けることだ、困難なのは。



12/20(月)

マルキ・ド・サド悪徳の栄え(上)』(訳:澁澤龍彥 河出文庫 1990.10)

ジョルジュ・サンド『愛の妖精』(訳:篠沢秀夫 旺文社文庫 1996.12)

・フセーヴォロド・ガルシン『赤い花・信号 他四編』(訳:小沼文彦 旺文社文庫 1968.3)

を買った。



12/21(火)

ミルトンの失楽園が読みたい。


マルグリット・デュラスモデラート・カンタービレ』も気になっている…



12/22(水)

矛盾のおかげで自己がすべてではないことに気づく。矛盾は自己の悲惨であり、自己の悲惨の感覚は実在の感覚である。自己の悲惨を捏造するわけがないからだ。この悲惨は本物である。ゆえに愛さねばならない。それ以外はことごとく想像上のものにすぎない。

(シモーヌ・ヴェイユヴェイユの言葉』冨原眞弓 みすず書房 2019.10)



12/23(木) その1

倉橋由美子『交歓』(新潮文庫 1993.5)

横光利一『機械・春は馬車に乗って』(新潮文庫 2003.3)

古井由吉『杳子・妻隠』(新潮文庫 1979.12)

高橋和巳『堕落』(新潮文庫 1969.7)

岩井志麻子『魔羅節』(新潮文庫 2004.8)

川端康成伊豆の踊子・花のワルツ 他二編』(旺文社文庫 1965.7)

武者小路実篤『友情・愛と死 他一編』(旺文社文庫 1965.7)

・末広恭雄『魚の歳時記』(旺文社文庫 1982.10)

・那珂太郎(編)『萩原朔太郎詩集』(旺文社文庫 1970.3)

ディケンズ『クリスマス・カロル』(訳:神山妙子 旺文社文庫 1969.12)

を買った。



12/23(木) その2

自分の外に、苦しみをまき拡げようとする傾向。もし、過度な気の弱さのために、他人の同情をひくことも、他人に害を加えることもできないときには、自分の内部にある宇宙の表象に害を加えようとする。
そのときには、美しいもの、よいもののすべてが、自分を侮辱するもののように思えてくる。

(シモーヌ・ヴェイユ重力と恩寵』田辺保 ちくま学芸文庫 1995.12)



12/23(木) その3

「私は優しくない」と公言・宣言することによって損なわれる何か。この何かによって救われたかもしれない誰か、及び好転したかもしれない何か。


「私は優しくない」と他人に認めさせる、認めさせたいと思うことの低劣さ。この低劣さを自覚しているか否か。自覚していて尚、認めさせたいと思うのか。

「私は優しくない」からといって、他人を攻撃してはならない。他人を攻撃していい理由などあってはならない。


自分の行動、言動を他人に悪意だの善意だのと推量、審議されることに対する嫌悪感。そんな時にはこう言えばいい、「どちらでもない」、と。


あるいは、「どちらもだ」、と。

日記 12/10-12/16

12/10(金)

岩井志麻子『痴情小説』(新潮文庫 2006.6)を買った。



12/11(土)

戦争ものが読みたい。



12/12(日) その1

マーガレット・アトウッド『昏き目の暗殺者(下)』(訳:鴻巣友季子 ハヤカワepi文庫 2019.9)を買った。鴻巣友季子は正直好きではないんだけど…



12/12(日) その2

図書館にいった。普段は文学の棚しか見ないのだけど、植物学とかも見てみた。結構面白い。



12/13(月)

病院にいった。



12/14(火)

離人感が酷い。



12/15(水) その1

池袋に来た。久々に来た気がする。


ゲオルク・グロデック『エスの本 ある女友達への精神分析の手紙』(訳:岸田秀、山下公子 講談社学術文庫 2018.4)、マルキ・ド・サド『ジュスチーヌまたは美徳の不幸』(訳:植田祐次 岩波文庫 2001.1)を買った。



12/15(水) その2

赤羽に来た。


友達と飲んだ。久々に酔ったよ。


言いにくいこと言ってくれて、ありがとう。


沿線を歩いた。神社があること知らなかったな。夜の神社、いいね。


涼むというより、冷えたね。


会えてよかった。また会うためには、生きていないとな。


また会おうね、絶対。



12/16(木)

なんだか朝から具合が悪くて参ったな。


図書館に行く道の途中で吐いた。排水溝に。


図書館に来た。


・L.コワコフスキ『悪魔との対話』(訳:野村美紀子 筑摩書房 1986.4)

・マックス・ピカート『沈黙の世界』(訳:佐野利勝 みすず書房 2014.2)

ジャック・デリダ『赦すこと 赦し得ぬものと時効にかかり得ぬもの』(訳:守中高明 未來社 2015.7)

・E.M.シオラン『悪しき造物主』(訳:金井裕 法政大学出版局 2017.10)

シモーヌ・ヴェイユヴェイユの言葉』(訳:冨原眞弓 みすず書房 2019.10)

・『プリーモ・レーヴィ全詩集 予期せぬ時に』(訳:竹山博英 岩波書店 2019.7)[再読]

を借りた。


駅に来た。SOGOのトイレで吐いた。


イオンに寄った。茂みに向かって吐いた。朝昼に食ったもの全部出た気がする。


脱水かなと思って自販機でスポドリを買って飲んだ。少し経って結局吐いた。スポドリが出てきた。もうだめだ。


帰ってすぐ横になった。一日気持ち悪い。


参ったな。


二日酔いかと思ったけど違くて、朝飲んでる漢方のせいらしい。新しく出されたやつなんだけどこれ、だめだな。


苦しい…助けてくれ…

日記 12/3-12/9

12/3(金)

図書館にいった。遠い方の。


アレイスター・クロウリーが気になっていたから、3冊借りた。



12/4(土)

嫌なことがあった。



12/5(日)

罪のない
傍観
そんなものはない

(シェイマス・ヒーニー『カッサンドラー』)



12/6(月) その1

新宿にいった。半年ぶりか。


友人に会った。


たくさん話した。それでも話し足りなかった。


また会おうね。それまで生きてるから。



12/6(月) その2

ロートレアモン全集』(訳:石井洋二郎 ちくま文庫 2005.2)、ボリス・ヴィアン『心臓抜き』(訳:滝田文彦 ハヤカワepi文庫 2001.5)、トルーマン・カポーティ『カメレオンのための音楽』(訳:野坂昭如 ハヤカワepi文庫 2002.11)を買った。



12/6(月) その3

時間というのは、変なものです。十年近い歳月が、当時あれほど、あなたの事というと興奮して、こうした追憶をするのさえ、苦しかったぼくを、今では冷静におししずめ、ああした愛情は一体なんであったろうかと、考えてみるようにさせました。

(田中英光オリンポスの果実』)



12/7(火) その1

小林秀雄、が気になっている。



12/7(火) その2

「いまの願いはただ一つ」と、月明かりの夜空を見上げて言った。「彼が私を忘れないこと。まともに願ってよいのは、たぶんそれだけ」

(トルーマン・カポーティ『もし忘れたら』)



12/8(水)

「憂の国に行かんとするものはわれを潜れ。
「永劫の呵責に遭わんとするものはわれをくぐれ。
「破滅の人に伍せんとするものはわれをくぐれ。
「正義は高き主を動かし、
「神威は、最上智は、
「原初の愛は、われを作る。
「わが前に創られし物なし、
「ただ無窮あり、われは無窮に続くものなり。
「われを過ぎんとするものは一切の望みを捨てよ」

(ダンテ・アリギエーリ『神曲-地獄篇 第三歌』)



12/9(木)

図書館にいった。近い方の。


三島由紀夫を2冊借りた。


















暗くなるのが、早いね。


秋も終わり、か。