ph1los0phy

灰色の記憶

日記 10/15-10/21

10/15(土)

何かぼく以上のものがぼくの中で動いている。

(日野啓三『地下へ /サイゴンの老人  ベトナム全短篇集』講談社文芸文庫 p59)

 

 

 

10/16(日)

ボードレール詩集』(粟津則雄訳 現代詩文庫 1993.7)を買った。

 

 


10/16(日)

死がたくみに生の中へ紛れこむ。

(トーマス・ベルンハルト『凍』池田信雄訳 河出書房新社 p14)

 


たえず生産の働きを生産し、この生産の働きを生産されるものに接木してゆくといったきまりこそ、欲望する諸機械、すなわち生産の生産という根源的な生産の特質なのである。

(ジル・ドゥルーズ、フェリックス・ガタリ『アンチ・オイディプス 資本主義と分裂症』市倉宏祐訳 河出書房新社 p19)


すなわち、パラノイア機械は、欲望する諸機械と器官なき身体との間の関係から生じてくるもので、器官なき身体がもはや欲望する諸機械に耐えられなくなる場合に生起してくるものなのである。

(p22)


資本とは、不毛なる貨幣に対して、〈貨幣が貨幣を生む生産的形態〉を付け加えることになるものなのである。ちょうど、器官なき身体が自分自身を再生産してゆくように、資本は剰余価値を生産し、みずから発芽して、宇宙の端にまで枝をひろげてゆくのだ。

(p23)

 

 

 

10/17(月)

「自然は残酷だ。その自然がいちばん残酷なのは、もっとも素晴らしくもっとも驚嘆すべき、自然自らが選り抜いた才能の持ち主に対してだ。自然は彼らを眉ひとつひそめることもせずに踏みつぶす。」

(トーマス・ベルンハルト『凍』池田信雄訳 河出書房新社 p16)

 

 

 

10/18(火)

通所29日目。

 

 


10/18(火)

鴉の大群が幾何学的な模様を描きながら空を旋回していた。

 

 

 

10/19(水)

ぼくにはことばが、人と人とのあいだに漂う関係性の網ではなく、人を規定し、人を拘束する実体として見えていた。

(伊藤計劃虐殺器官ハヤカワ文庫JA p42)

 

 

 

10/20(木)

・オーシュ卿(G・バタイユ)『眼球譚〔初稿〕』(生田耕作河出文庫 2003.5)

・『鬼火 底のぬけた柄杓 吉屋信子作品集』(講談社文芸文庫 2003.3)

を買った。

 

・マリオ・レブレーロ『場所』(寺尾隆吉訳 水声社 2017.3)

レイナルド・アレナス『襲撃』(山辺弦訳 水声社 2016.2)

を借りた。

 

 

 

10/21(金)

通所30日目。

 

 


10/21(金)

アタウラー・マルダーン『犯されて』(広瀬順弘訳 富士見ロマン文庫 1978.8)を買った。

 

 


10/21(金)

ぼくの中にぼくではない不吉な影がある。

(日野啓三『地下へ /サイゴンの老人  ベトナム全短篇集』講談社文芸文庫 p62)

日記 10/8-10/14

10/8(土)

どうでもいいことばかり憶えているのは、そのどうでもよさを些少なりとも愛していたから

 

 


10/8(土)

優しいといわれる行動をしたからといって優しくしたいと思っているとは限らない、というのが私の基本原則だった

 

 

 

10/9(日)

ここにあるのは機械のたえまなく唸る音。

(ジル・ドゥルーズ、フェリックス・ガタリ『アンチ・オイディプス 資本主義と分裂症』市倉宏祐訳 河出書房新社 p14)

 

 

 

10/10(月)

「うん、いいね、でも、何にもなかったらもっとよかったんじゃない?」

(ミシェル・トゥルニエ『海辺のフィアンセたち』松田浩則紀伊國屋書店 p8-9)

 

 

 

10/11(火)

通所27日目。

 

 

 

10/12(水)

伊藤計劃虐殺器官』(ハヤカワ文庫JA 2014.8)を買った。

 

 

 

10/13(木)

日野啓三『地下へ /サイゴンの老人  ベトナム全短篇集』(講談社文芸文庫 2013.8)

・トーマス・ベルンハルト『凍』(池田信雄訳 河出書房新社 2019.1)

・イミョンオク『ファム・ファタル 妖婦伝』(樋口容子訳 作品社 2008.1)

を借りた。

 

 

 

10/14(金)

通所28日目。

 

 

 

10/14(金)

左も右も漆黒だった。

(トーマス・ベルンハルト『凍』池田信雄訳 河出書房新社 p6)

日記 9/24-10/7

9/24(土)

離人になるとき、私は何を思ってきたのだろう

 

 

 

9/25(日)

ジャン・ジュネ泥棒日記』(朝吹三吉新潮文庫 1968.9)

・大庭みな子『花と虫の記憶』(中公文庫 1982.4)

を買った。

 

・カルロス・バルマセーダ『ブエノスアイレス食堂』(柳原孝敦訳 白水社 2011.10)

・オルガ・トカルチュク『昼の家、夜の家』(小椋彩訳 白水社 2010.10)

・ ジョゼ・エドゥアルド・アグアルーザ『忘却についての一般論』(木下眞穂訳 白水社 2020.8)

・『第二誕生 1930−1931 ボリース・パステルナーク詩集』(工藤正廣訳 未知谷 2006.7)

を借りた。

 

 


9/25(日)

日々のしきたりに
深く根付いた難問の終身性を
座りきりの人生と呼ぶにしても、​──
ぼくにはそのような、人生が恋しい。

(ボリース・パステルナーク『波』)


眠れ、過去よ。人生の長い夜になって眠れ。

(ボリース・パステルナーク『バラード〈別荘では眠っている〉』)

 

 

 

9/26(月)

リチャード・パワーズ『オーバーストーリー』(木原善彦訳 新潮社 2019.10)を借りた。

 

 

 

9/27(火)

通所23日目。

 

 

 

9/28(水)

善をなす場合には、わたしはいわば自己から不在でなければならず、わたしが自分の善を目撃しないことが望ましいのです。

(ハンナ・アレント『責任と判断』中山元ちくま学芸文庫 p192)

 

 

 

9/29(木)

ところで「売りに出されることのないもの」とは何か。肉体であれ、臓器であれ、神であれ、信心であれ、詩であれ、空気であれ、この世界で売られていないものなど、何ひとつないのに。

(宇野邦一『〈兆候〉の哲学  思想のモチーフ26』青土社 p95)


最悪なのは、欲望が自動化し、自己目的と化し、もはや何を欲望するのでもなく、ただ拡張と増殖を欲望するようになることだ。

(p96)

 

 


9/26(木)

・ジャック・フィニィ『レベル3』(福島正実早川書房 1974.9)

・『ポオ小説全集3』(創元推理文庫 1974.6)

を買った。

 

 

 

9/30(金)

石原吉郎詩文集』(講談社文芸文庫 2005.6)を買った。

 

 


9/30(金)

通所24日目。

 

 

 

10/1(土)

『忘却についての一般論』を読み始めた。

 

 

 

10/2(日)

『忘却についての一般論』を読み終えた。

 

 


10/2(日)

死にたい

 

 

 

10/3(月)

感情が詩を書きとらせるとき、
それは舞台にひとりの奴隷を送り出すということ、
そのとき芸術は終わり、
土と運命が息づくばかり。

(『第二誕生 1930−1931 ボリース・パステルナーク詩集』工藤正廣訳 未知谷 p107)

 

 


10/3(月)

病院にきた。

 

 

 

10/4(火)

通所25日目。

 

 


10/4(火)

春によって、春によって、
底無しの春によって水浸しにされた広大な空間がある。

(『第二誕生 1930−1931 ボリース・パステルナーク詩集』工藤正廣訳 未知谷 p134-135)

 

 

 

10/5(水)

もしもあなたの心がほんのわずかでも緑がかった部分を持っていたなら、あなたはきっと意味の横溢に溺れてしまうことだろう。

(リチャード・パワーズ『オーバーストーリー』木原善彦訳 新潮社 p12)

 

 

 

10/6(木)

図書館に。津原泰水の追悼コーナーが設けられていた。

 

津原泰水『バレエ・メカニック』(早川書房 2009.9)

・ジョゼ・ルイス・ペイショット『ガルヴェイアスの犬』(木下眞穂訳 新潮社 2018.7)

ミシェル・トゥルニエ『海辺のフィアンセたち』(松田浩則紀伊國屋書店 1998.9)

・アルベルト・ルイ=サンチェス『空気の名前』(斎藤文子訳 白水社 2013.3)

を借りた。

 

 

 

10/7(金)

朝からうっすら吐き気がする。一気に寒くなった。

 


通所26日目。

日記 9/17-9/23

9/17(土)

池袋。人と会った。私をふくめて3人。水族館にいったり、パフェを食べたりした。とても楽しかった。また会おうね。

 

 

 

9/18(日)

雨。

 

 

 

9/19(月)

慢心によって疲弊するとともに、その慢心によって生かされていた。

(ナタリー・スコヴロネク『私にぴったりの世界』宮林寛訳 みすず書房 p71)

 


カオスはいつも単純な物事から発生する。一本の毛糸みたいに、少し間違えるとごちゃごちゃに絡まってしまう。

(李屏瑤『向日性植物』李琴峰訳 光文社 p94)

 

 

 

9/20(火)

通所21日目。

 

 

 

9/21(水)

・多田智満子『鏡のテオーリア』(ちくま学芸文庫 1993.9)

古井由吉『辻』(新潮文庫 2014.5)

 

を買った。

 

 

 

9/22(木)

見慣れた文字列はもはや標識に見える

 

 


9/22(木)

ところで、何かを見るためにどこかへ向かうとすれば、それは所与の、だがそのときまでは閉ざされていた、予想外の世界のなかに入るためである、
これは私が事物について抱いている考えではない、
私にとっては入ることではなく事物の外に出ることが問題なのである、
ところで、身をひきはがす者がいるとすれば、それは恐らく入ったり、
出たりするためだが、しかし何かのなかで、ここを去って、別の場所に消えるためである、
溶けて、他処から解放されること、
溶けてしまわないこと、だが、どこでもない場所で解放されること、
もはや知ることなく、
実在してしまうことを断念すること、
それならもはやけっして苦しむことはない、
選択肢は無数にあって、もはやそうではない、
それぞれの宗教と個人には自らの選択肢がある、
ところで、そういったことすべては馬鹿げている。

(『アルトー後期集成Ⅲ』河出書房新社 p20-21)

 


共通の尺度をもったバランスのなかに作用-反作用を想定することは、あり得べき崩壊の二者択一を認めることでもある。

(p39)

 


大衆は観念が好きではないと見なされているが、それは噓をついている、というのも観念を押し付けたのは大衆であるからだ。

(p47)

 


大衆は意識と思考をもっていないと見なされている、ところが、そんなことはない、大衆ほど精神性=霊性を愛するものはないのだ。

(p48)

 


毒とは、追放され、出発することに絶望している存在のねじれである。

(p58)

 


愛、名誉、自由、あるいは真理という
観念ほどひとりの人間を他の人間から隔てるものはないというのに。

(p68)

 


苦痛がそれ自身のうちで持ちこたえられず、しかし外に抜け出し、
そしてあらゆる観念の外に宙吊りになるくらいの
苦痛の一点へといたるまで、時間の力を強調すること、
しかしそれは死ぬのだ、
だから私の不幸とは、私の身体が耐えることのできなかった
あまりに強すぎる苦痛を
私がある日自分自身に課したことから生じたにちがいない
そして
そして私の身体は吹っ飛んだ、
それを地獄のすべての存在が利用して
私に飛びかかり
私はそれらを完全には支配できなかった
そして私はまさに絶対無限の苦痛に耐えてさえひとつの身体を再び見出さねばならなかったのである、
それはいまやなされた。
まだこれから私には憤激を鎮める仕事が残されている。
というのも活動を始めた存在たちを
私が吹っ飛ばしたとき、
存在たちはある日活動を開始したのだが、
善意をもって、私を愛そうと願ったはずの者たちは、他のものたちに抵抗できるほど十分な年齢と数を備えてはいなかったからである、
つまり名前のない獣どもの地獄に抵抗できるほどには
(名前のない獣どもは全人類を侵略した、と伝説は語っている)
ところが、ちがうのだ、それは間違っている、
人間たちが獣を食って、獣で腹を満たしたのだ
(永遠に生きるために)。

(p80-81)

 


私の真の状態は、じっと動かないものであり、人間の生と瞞着のはるか彼方にある、
それがひとりきりでいるとき、それこそが私の身体の状態なのだ。

(p82)

 

 

 

9/23(金)

通所22日目。

日記 9/10-9/16

9/10(土)

葬儀2日目。

 

 

 

9/11(日)

23歳になった。

 

 


9/11(日)

私たちが鏡であるとは、私には鏡を見ることができないということだ。

(合田正人『フラグメンテ』法政大学出版局 p4)

 

 

 

9/12(月)

通話した。楽しかった。

 

 

 

9/13(火)

通所19日目。

 

 


9/13(火)

マルセル・プルースト失われた時を求めて 第一篇 スワン家の方へ Ⅰ』(鈴木道彦訳 集英社 1996.9)

・『遠い女 ラテンアメリカ短篇集』(国書刊行会 1996.10)

・『アルトー後期集成Ⅲ』(河出書房新社 2007.6)

を借りた。

 

 


9/13(火)

私たちをとりまいている事物の不動性は、ひょっとすると、その事物がそれであって他のものでないという信念、つまりそれらを前にしたときの私たちの思考の不動性によって、押しつけられているのかもしれない。

(マルセル・プルースト失われた時を求めて 第一篇 スワン家の方へ Ⅰ』鈴木道彦訳 集英社 p25)

 

 

 

9/14(水)

私の心のなかでも、永久につづくと思っていたたくさんのものが崩壊し、新たなものが建設され、それが、以前には予想もつかなかったような新たな苦痛と喜びを生みだした───ちょうど昔の苦痛や喜びが今は理解困難になってしまったように。

(マルセル・プルースト失われた時を求めて 第一篇 スワン家の方へ Ⅰ』鈴木道彦訳 集英社 p73-74)

 


その本質は私の内部にあるのではなくて、それが私自身であった。

(p86)

 


真実を見つけるのは精神の役目だ。しかしどうやって見つけるのか?深刻な不安だ、精神が精神自身も手のとどかないところに行ってしまったと感じるたびごとに生じる不安だ。精神というこの探求者がそっくりそのまま真っ暗な世界になってしまい、その世界のなかでなお探求をつづけねばならず、しかもそこではいっさいの持ちものがなんの役にも立たなくなってしまうようなときの不安だ。探求?それだけではない、創造することが必要だ。精神はまだ存在していない何ものかに直面している。精神のみが、その何ものかを現実のものにし、自分の光に浴させることができるのである。

(p87)

 


ある存在の魂が、その存在を通して働きかける美徳と無関係である(少なくとも一見そう見える)という事実は、そのものの美的価値以外に一つの現実を、心理的現実とは言えなくとも少なくともいわゆる人相学的な現実を備えているのだろう。

(p152)

 

 

 

9/15(木)

無力感と全能感が絶えず入れ替わる。それらを媒介しているものの一つが、死だった。

 

 

 

9/16(金)

通所20日目。

日記 9/3-9/9

9/3(土)

詩を書いた。

 

 


9/3(土)

私は青ざめる人々を見る
なぜ?
それは禁止されているから
あなたがたは渇いているから

(ヤン・ファーブル『わたしは血』(宇野邦一訳 書肆山田 p17)

 


血はみずからの歴史を書き直すだろう
そして私は増殖するであろう

(p33)

 

 

 

9/4(日)

愛していると思い、愛されていると思えたうちは、まだこの虚構は壊れずにすんでいた。

(宇野邦一『〈兆候〉の哲学  思想のモチーフ26』青土社 p81)

 

 


9/4(日)

中村文則『銃』(河出文庫 2012.7)

セリーヌ『なしくずしの死(上)』(高坂和彦訳 河出文庫 2002.3)

セリーヌ『なしくずしの死(下)』(高坂和彦訳 河出文庫 2002.3)

吉行淳之介『夕暮まで』(新潮社 1978.9)

を買った。

 

 

 

9/4(日)

私の中では、リアルさとはいつも退屈さを意味した。

(中村文則『銃』河出文庫 p20)

 

 

 

9/5(月)

同じ車輛に紙で本を読んでいる人が5人くらいいた。私の前に立っている金髪の、外国人の女性は洋書を読んでいた。

 

 


9/5(月)

渋谷と東京駅にいった。

 

 

 

9/6(火)

通所17日目。まだ蝉が鳴いている。

 

 

 

9/7(水)

今朝、父親の母親、つまり祖母が亡くなった。礼服を買いに行った。

 

 


9/7(水)

トマス・ピンチョン重力の虹(上)』(佐藤良明訳 新潮社 2014.9)

合田正人『フラグメンテ』(法政大学出版局 2015.3)

を借りた。

 

 


9/7(水)

いや、これは解けていくのではなく、ますます縺れていく過程なのだ​───

(トマス・ピンチョン重力の虹(上)』佐藤良明訳 新潮社 p14)

 


「まさか救われるなどと思ってはいないだろうな。さあ、われわれみんな、どういう人間か、正体は知れたのだ。誰もわざわざお前らなんぞを救おうとはしなかったということだ…」

(p15)

 

 

 

9/8(木)

私には、これから起こるであろう近くの未来を意外なものにしたいと思う、そういった癖のようなものがあった。

(中村文則『銃』河出文庫 p54)

 

 

 

9/9(金)

通所18日目。

 

 

 

9/9(金)

葬儀に出席した。

日記 8/27-9/2

8/27(土)

友達と遊んだ。




8/28(日)

すべてのものがますます等価になり、白い光に透過されていった。等価は、無差別ではない。むしろ限りない差異に等しい。

(宇野邦一『〈兆候〉の哲学 思想のモチーフ26』青土社 p76-77)




8/29(月)

・メアリー・チェンバレン『ダッハウの仕立て師』(川副智子訳 早川書房 2017.1)

・デボラ・モガー『チューリップ熱』(立石光子訳 白水社 2001.6)

ジュンパ・ラヒリ『停電の夜に』(小川高義訳 新潮クレスト・ブックス 2000.8)

ディケンズ『炉辺のこほろぎ』(本多顕彰岩波文庫 1935.7)

・『セヴィニェ夫人手紙抄』(井上究一郎岩波文庫 1943.5)

を買った。




8/30(火)

通所15日目。




8/31(水)

始まりには終りが伴う。夏の終り。




9/1(木)

シュテファン・ツヴァイク『女の二十四時間 ツヴァイク短篇選』(辻瑆、大久保和郎共訳 みすず書房 2012.6)

ヤン・ファーブル『わたしは血』(宇野邦一訳 書肆山田 2007.2)

ボリス・ヴィアン『北京の秋』(野崎歓河出書房新社 2022.8)

を借りた。




9/1(木)

エレベーターで知らない人に「髪が長いですね」と言われた。突然のことで、微笑み返すことしかできなかった。




9/2(金)

通所16日目。